十何年遅れの世紀末?

  • 2017年1月23日 (月)11:52
    #1  ID: dc278e  民間レポーター [通報] 返信

    昨年は世界的に信じられないニュースの連続だったように思います。
    特にアメリカの最高権力者に超・問題人物が当選したことの悪夢が未だに脳裏から離れません。対立候補(こちらも嫌われ者)との二者択一の方式による結果だと思いますが、民主主義の悪い一例の現れだと感じました。
    これまでの政治的常識が通用しない指導者が登場したことで、「新しいゲーム」のルール作りに関する対応が世界的に迫られていますが、悪い方に転じれば「人類滅亡」への扉が開かれかねないのです(実際に彼は核のボタンを握っているのですから)。
    前の世紀末に騒がれていた預言書の解釈が故意に遅らされて来て現実となった。正直そんな気がします。
    この恐怖に対する皆様のお知恵考えを教えてください。

  • 2017年1月24日 (火)20:03
    #2  ID: 056daf  匿名 [通報] 返信

    一部では、4年たたずに失脚するという見方もありますが、個人的には劇薬として世の中に風を吹かせる効果を期待しています。車の輸入などで日本との関係も取りざたされていますが、日本にとってはそれほど悪い結果にはならないのではないかと勝手に思っています。

  • 2017年1月25日 (水)10:30
    #3  ID: 96313d  Momomidai [通報] 返信

    経過を見守るしかありません。
    報道では議会がチェック機能を果たすとの考えもあるようです。
    いずれにせよ時代の流れでありいたしかたありません。

  • 2017年1月25日 (水)22:54
    #4  ID: d629cb  ぶんぶんまる [通報] 返信

    恐怖ですかね、歴史を振り返れば、世の中って必ず変化してますし、このように激変してもおかしくないです。



あなたの情報: