今年のAKB選抜総選挙についての個人的感想


今年で9回目を迎えたAKB選抜総選挙。

結果はHKTの指原莉乃が史上初の3連覇を達成し、大方予想通りでした。

しかし、それよりも大きなニュースになったのが、20位にランクインしたNMBの須藤凛々花が結婚宣言をしたことです。

また、2位にランクインした渡辺麻友が年内で卒業を発表し、それも話題になっています。

 

今年は色々あったAKB選抜総選挙。個人的な総評として、今年の総選挙は「かなり面白かった」です。

と言っても、須藤凛々花の結婚宣言に尽きますが。

 

AKB総選挙と言ったら、毎度のようにランクインしたメンバーが呼ばれる→壇上で泣きながらスピーチ・・というのがお約束です。

そして今年もその通りでした。

言ってみれば、AKB総選挙は「AKB泣き顔選手権」というもう1つの大会が同時開催されているように思っています。

この毎度の流れについて、私は正直ウンザリしていました。

毎年毎年テレビ中継も交えて大勢で女の子が泣く姿を見て何が楽しいの?皆ドSなの?

これ考えた秋元康はボンクラ過ぎんだろ!と思ってました。

去年までは・・

 

しかーーーーし

そのマンネリした総選挙に突如として衝撃を与えてくれた結婚宣言!

 

このニュースを知った私は「面白い!もっとやれ!」と興奮しました!ww

 

この結婚宣言は、爆弾というより核兵器ですねww

個人的には、堂々と結婚を宣言した須藤凛々花こそ、「今年の選抜総選挙MVP」だと思っています!

 

まあ、投票してくれたファンの方を思うと、素直に高評価出来ませんが、柏木由紀や山本彩など1位有力候補が相次いで出場辞退した今回の総選挙で、話題の全てを持って行った須藤凛々花は大したもんだと思いました。

コメント コメントを追加

  1. はる より:

    本当にAKBが衰退したのが世間にはっきりわかったのが今回の総選挙ではないでしょうか…。
    安定の指原が1位でまゆゆが2位というのもAKB黄金期を見ていた程度のファンでも予想できましたし、それより下が知らない人ばかりでしかもあまりかわいくなくてびっくり。すっかりAKBは乃木坂・欅坂に追い抜かれてしまったなぁと思いました。
    そして今年の総選挙の話題を全てかっさらっていった須藤さんの結婚宣言。いくら文春に撮られていたからといってあの場で公表する必要があったのでしょうか。総選挙は推している子を世間に見つけてもらうためにファンの人が自分のお金でCDを買って投票しています。須藤さんに関してももちろん同じです。そんなファンの人たちに感謝を伝えるのが総選挙の順位発表ではないのでしょうか。確かに今のAKBに話題性が必要だとは思いますが、もう少し考えて発言してほしかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です