10月10日 都道府県ランキングが発表、気になる魅力度が最も低かった都道府県は・・・


平成29年10月10日、日本国内1,047の地域を対象として全国3万人にアンケートした結果を集計した「地域ブランド2017」 が株式会社ブランド総合研究所から発表された。今年で12回目となる調査で、各地域のイメージ・認知度・居住意欲度など調査は全104項目から行われる。
今年の調査で魅力度が高かったトップ3は、1位北海道・2位京都府・3位東京都で前年と順位に変更はなかった。北海道はこれで9年連続の首位を記録している。 上位は毎年おなじみの顔ぶれとなったが注目は下位のランキングで、昨年まで4年連続でワーストを記録している茨城県が今年は最下位脱出となるかが気になるところ。 以下は今年のランキングである。

都道府県の魅力度ランキング2017

1位 北海道
2位 京都府
3位 東京都
4位 沖縄県
5位 神奈川県
6位 奈良県
7位 大阪府
8位 福岡県
9位 長野県
10位 石川県
11位 長崎県
12位 兵庫県
13位 宮城県
14位 静岡県
15位 愛知県
16位 広島県
17位 青森県
18位 鹿児島県
19位 千葉県
19位 宮崎県
21位 大分県
21位 熊本県
23位 富山県
24位 秋田県
25位 山梨県
26位 新潟県
27位 島根県
28位 高知県
28位 滋賀県
30位 三重県
31位 和歌山県
31位 山口県
33位 香川県
34位 愛媛県
34位 福島県
34位 岩手県
37位 岐阜県
38位 山形県
39位 福井県
40位 岡山県
41位 群馬県
41 位 鳥取県
43位 栃木県
44位 埼玉県
45位 佐賀県
46位 徳島県
47位 茨城県

これで茨城県が5年連続で魅力度最下位という結果になりましが、茨城県が低いのではなく上位に票が集まったことがこのような結果 につながったのではないかと思います。名産・特産・ご当地グルメも数多くありますので盛大にアピールしていきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です