11月10日 こりん星は実在した!?狩野英孝が語ったテレビで初めて語った真実とは!?


9日放送「ダウンタウンDX」(日本テレビ系、毎週木曜夜10:00〜)は”私のトップニュース!今夜コレを言いにきた!芸能界のウラ告白SP!”として普段はほとんど語られることのない私生活を告白した。

狩野英孝の謹慎マル秘ライフとは!?

2016年2月の2股疑惑で世間を賑わし、その後6股疑惑まで話は広がり、やがては今年1月、当時17歳だった女子高生アイドルとの交際疑惑を写真週刊誌に掲載され謹慎していた狩野英孝(35)が、復帰までの5か月間いったい何をしていたのかテレビで初告白した。最初の3か月は実家がある宮城の神社へ帰っており、先輩芸人のサンドウィッチマンや小島よしおらの「何かやったほうがいいよ」との助言もあって畑で農作業を手伝っていた。また事務所の電話番をしながら自己啓発本を読んで自分を見つめなおす努力もしていたという。フリージャーナリストの中村竜太郎(53)は、一連の狩野の報道について「何もしなくてもどんどんリークが入ってくる、取材しなくても成立する感じだった」と女性関係に対する脇の甘さを指
摘した。しかし加藤紗里(27)という”売名モンスター”を産んだことについては狩野の凄さを認めていた。

謹慎明け!僕に関する新事実!

狩野がある番組でアレルギー検査をしたところ、米・麦・大豆・そば・甲殻類・花粉・金属などのアレルギーがたくさん見つかった。狩野は「大豆なんて味噌もしょう油も豆腐もダメだし、お米もダメなんですが摂取しすぎなければ大丈夫で、昨日お寿司食べたら今日はお米を抜くとかしてます」と食事に気を使っている生活に出演者は驚いていた。そして最近また新たなアレルギーが見つかり衝撃を受けたという。その新たなアレルギーとは「自分の身体から分泌する汗」で、汗をかいたらすぐ拭くなどしないと痒くなったり肌が荒れたりすると告白をした。狩野はつづけて「詳しく医師に聞いてみたら”コリン性じんましん”というもので…」の発言に、出演者は「コリンせいってあのこりん星?」「本当にあっ
たの!?」「無いって聞いてるけど!?」と盛り上がった。しかし実際に”コリン性蕁麻疹”は発汗を促す刺激によって誘発される蕁麻疹として確認されている。ダウンタウン松本(54)の「なによりお笑いアレルギーやもんな」の発言に狩野は一瞬言葉が出なかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です