11月16日 アイドル時代に殺されかけた野村将希、その恐怖の体験とは!?


16日放送「ダウンタウンDX」(日本テレビ系、木曜夜10時〜)”2世タレント&有名人夫婦の一般人には理解できない家庭話”というテーマで、超有名人を親に持つ2世タレント達が集結。番組冒頭、松本人志(54)の「ちょっと今2世タレントは扱わない方がいいんじゃないですか」に浜田雅功(54)は苦笑い。有名人ならではの豪快、衝撃エピソードが飛び出した。

野村将希(65)が息子の前で暴露”殺されかけた女”

「私が人気アイドルだった時代、コンサートが終わると出待ちのファンが大勢いた。冬の北海道ではファンにもみくちゃにされた挙句、巻いていたマフラーを左右から引っ張られ危うく窒息しそうになった!」と26歳の頃にあった熱烈なファンとの一部始終を息子で俳優の野村祐希(23)の前で語った。
それは雪まつりでのコンサートが終わって会場から出るときのことで、「裏の出入口に出待ちのファンが集まってるので正面から出ましょう」とスタッフに促されて正面から出てみたは良いものの、そこも大勢のファンで一杯だった。寒かったのでマフラーをしていた野村だったが、そのマフラーを両方からファンに引っ張られ、持っているものはサングラスから何から全て取られ、それよりもマフラーを引っ張る力がもの凄く、首が締まって顔色が青くなってきたところで最初は手のひらでファンを押し出していたスタッフも最終的には”グー”で(殴って)処理していたという。まさに命からがら車に乗り込んだ野村だったがそこにもファンは押し寄せ、今度はドアを無理やりこじ開けられ、結局はドアを壊され
て閉まらなくなった状態のまま車で逃げた恐怖体験を語った。

父の私物を狙う娘の陰謀

「最近父が断捨離してくれたおかげで、父が亡くなったとき遺品整理の手間が省けてとても感謝している。でも買い物好きな父なので今からまた物が増えないか実は心配です!」と父・高橋英樹(73)の異常な買い物癖を心配していることを娘でアナウンサーの高橋真麻(36)が告白した。前回の放送ですっかり部屋から物が無くなった生活を公開していたが、現在どうなっているのか尋ねると「少しずつ買ってますかね〜」と、買う時には娘の顔が浮かび歯をくいしばって我慢しようとするが、結局は耐え切れずに買ってしまう事を暴露した。そうして少しずつ増えてきた物がクローゼットに一杯になっているそうで、フリマアプリサービスで知られるメルカリに”英樹のクローゼットの中身全部売ります!”という企画
を持ちかけられたとの話に出演者は爆笑した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です