11月17日 「男子が行きたくなる部屋グランプリ」が決定!最下位はあの人!?【前編】


17日放送「金曜ロンドンハーツ」(テレビ朝日系、金曜夜9時〜)”女性芸能人の自宅公開SP”今回エントリーした5名の独身女性芸能人がどんな家に住んでいて男子が好きになる部屋なのかどうかをチェックするという企画。審査は栗原類(22)、矢作兼(46・おぎやはぎ)、小山慶一郎(33・NEWS)、ヒロミ(52)の4名が事前に行い、それぞれを順位付けした。

なでしこジャパンW杯制覇、丸山桂里奈(34)

なでしこジャパンのFWとして2011年W杯優勝などの実績を誇り、明るい性格からチームの盛り上げ役だった丸山。靴がきちんと整理されていてスッキリとした玄関、しかし香りを出すディフューザーの横に観葉植物を置いていたため「木の匂いを取っちゃう」と指摘される。築10年の間取りは1Kでリビングは約16畳と広く、犬を2匹飼っている。しかしこの犬が室内で放し飼いにされているため、ソファーが破れて中から綿が出ていた。また床には額縁や壁時計、風景画などの独特なアイテムが直に置かれており「スッキリしてるようで、してない」とマイナス評価だった。

有村架純(24)のお姉ちゃん、有村藍里(27)

国民的女優・有村架純の姉であり、グラビアでも活躍の有村。服装はショートパンツ&Tシャツで「イケるんじゃないか」と小山から好印象。地元の兵庫から今夏引っ越してまだ2ヶ月、リビングは約6畳だがキレイに片付いている。キッチンの横にはクローゼットがあるが、中は衣類でギッチギチ。有村は「妹から貰った服があります」と披露すると、有吉は「やっぱり違うな〜」と関心した様子。どうしても”部屋よりも気になる事がある”とスタッフは「妹は部屋に来たことがあるか?」と質問、しかしまだ来てないとの答えにガッカリした。

【後半につづきます】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です